救いの証し(まあみ)

私は群馬県高崎市で、特に決まった宗教を持たない、サラリーマン家庭で、三姉妹の長女として生まれました。3人とも小さい頃から、色んな習い事に挑戦させてもらいましたが、私はどれも長続きしなかった中で、小学生の時に始めた水泳だけは、その後大学まで続ける事になりました。小学生・中学生は競泳の選手として、中学生から大学生まではシンクロの選手として、スイミングへ通い続けました。その中で高校三年生の時、大学受験を控え、いったん水泳を止めたところ、10kg程太りました。それが嫌で初めてダイエットを始めたら、どんどん食事が取れなくなる拒食症、その後は食べるのが止められなくなる過食症になりました。無事群馬の大学に入学しましたが、心も身体も不安定な毎日を過ごしていました。その頃中学か高校の英語の教師になりたいという目標が出来、教職課程を取得するため、違う大学の英文科を受験し、3年次に京都の大学へ三年編入しました。親元に居た群馬を離れ、京都へ引っ越しし、新しいスタートを夢見ていましたが、一人暮らしになったら、私の過食症はますます酷くなりました。一年後には登校拒否、一人暮らしのマンションでひきこもりとなりました。そんな時一緒に三年編入したクリスチャンの友人が「学校へ行けなくても、一緒に教会へ行かへん?」と誘ってくれました。小さな頃から自分の進みたい道を歩み、自分の事は何でも自分で出来る!と思っていましたが、その頃の私は自分の感情も食欲も行動も何もコントロールできず、生きている意味があるのかとさえ思っていました。藁にもすがる思いで教会へ行ってみると、教会で聴いた聖書の言葉はよく分からなかったけれども、生きる価値がないのでは?と思っていた私に、とても親切にしてくれた教会の方々の態度がただただ嬉しかったです。その友人から今度はKGK(キリスト者学生会)の夏期学校という修養会に誘われて、初めて淡路島へ行きました。ずっと水泳をしていたけれども、海の無い群馬県出身の私には、海や海水浴という単語が、とても魅力的だったからです。そこで初めて講師の牧師先生から「すべて疲れた人、重荷を負っている人は、わたしのところに来なさい。わたしがあなたがたを休ませてあげます。(マタイ11:28)」という聖書の言葉に触れて、涙が止まりませんでした。ずっと苦しかったけれどももう大丈夫なんだと、平安に包まれたのを覚えています。私を造って下さった方がいて、また私の罪のために身代わりとして十字架にかかって下さったイエスキリストという方の事を、この時講師の先生や一緒に参加した方々から学ぶことができました。その後大学の近くの教会へ行き始め、クリスマスに開催された家庭集会で「私があなたと共にいる」という声を聞き、イエスキリストを自分の救い主と信じる事ができ、翌年のイースターに洗礼を受けました。新しく生まれ変わった自分、もう一人では無い、自分の存在価値や生きている意味を見出す事が出来、いつも主に祈り、主と共にいられるという喜びに溢れました。しかしその後も摂食障害は簡単には治らず、長く試練の日々が続きましたが、神様と離れずにいられたのも、この試練があったからだと今は心から思います。聖書にも「そこで、高慢にならないように、わたしの肉体に一つのとげが与えられた。それは、高慢にならないように、わたしを打つサタンの使なのである。(IIコリント12:7)」とある通りです。大学卒業時に、地元で教師となる道は閉ざされ、それなら誰も自分を知らない国に行こうと思い、ノルウェーの会社に就職したことがきっかけで27年前に欧州への道が開かれました。その後スイス人の主人との出会いがあり、25年前に結婚のためスイスへ来て、この25年間はスイス日本語福音キリスト教会へ集わせていただいています。結婚や日々の暮らしの中で、時間はかかりましたが、摂食障害も癒されていきました。今は主の恵みと祝福に日々感謝する毎日です。有難うございました。

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

© 2021 一般社団法人 サーバント・リーダーズ・ミニストリー All rights reserved.

  • Home
  • Facebookの - ブラックサークル
  • YouTubeの - ブラックサークル